DXに対する経営方針

昨今の急激なAI技術の発達やデジタル化が進む中で生産性や働きやすさの向上を図るうえでもDXの推進がますます重要な課題になっています。

その一方でDXの推進やデジタル技術を十分に活用できないことによる不利益を被っている企業も少なくありません。

当社は、お客様にコンサルティングやITを含む各種のサービスを提供してきました。今後は当社のDXを推進するとともにお客様のDX支援を実行することで企業価値の向上を目指していくことをビジョンの一つとし、より多くのお客様に頼られる存在になることを実現したいと考えております。

代表取締役 武藤碩友

 

 

情報処理技術の活用の方向性

  1. お客様のDX推進を推進するために、これまでのコンサルティングサービスの経験とIT技術を活かすことでお客様の円滑なDX支援を実行するとともに、お客様が気が付いていないセキュリティ上の問題を指摘することで将来発生するであろう損害の防止に努め価値創造を目指します。
  2. 労働生産性の向上と従業員の労働環境の向上のため、社内においても積極的にデジタル技術の導入を目指します。オンラインストレージサービスを利用した情報共有の促進やチャットツールを導入することにより業務の効率化を目指します。

DXへの具体的な方針

DXを推進するために、以下の戦略を講じます

  1. お客様のDX推進:お客様がDXを導入するにあたって直面している問題を明確にし、その問題に対して効果的な解決方法を提供だけでなく、お客様のビジネスモデルへの深い理解を伴った、デジタル技術を活用した競争優位性を確立する戦略を策定するためにも継続的なサービスの提供や開発を行っていきます。
  2. オンラインストレージを利用した情報共有による業務改革:オンラインストレージによる情報の管理とタイムレスな情報共有に取り組んでいます。従業員の場所を問わずにデータを利用を可能にすることで生産性と労働環境の向上を目指していきます。
  3. 情報漏洩を阻止するために従業員への適切な情報セキュリティ教育を施すとともに、セキュリティソフトの導入を進めていきます
  4. DX推進を支える人員の強化:紹介採用を実施することでDXの推進やITサービスへの深い理解を伴った社員の採用しお客様が抱える課題に対して的確なソリューションを提供する従業員を雇用するとともに、人材の育成にも注力していきます。

DXに向けての管理体制

  1. 代表取締役が責任者となることで社内のDXを推進するとともに、お客様が抱えているDXやITに関する課題や問題に対しての適切なソリューションの提供を目指します。
  2. 人材採用に関しては社員紹介採用を行うなどしてお客さまのDX推進支援を行える体制の構築していきます。
  3. 外部の講習会の積極的な参加や資格取得などを推奨することで人材の質を担保することを目指していきます

DXに向けての環境の整備

  1. タスク管理アプリケーションを導入することで業務の効率化を図ります。
  2. 業務用オンラインストレージを導入し、情報セキュリティの確保するとともに、データの共有を容易にすることで業務の効率化を図ります。
  3. 情報セキュリティに関する社内規程を適切に整備・更新することで社員のセキュリティに対する意識を強化していきます。

DXに向けた成果指標の制定

当社のDX推進の取り組みの状況を測る指標については、以下のように定めます。

  1. DX関連に関するサービスの売り上げ現状から3年後には倍増を目指す
  2. ITガバナンス管理に関するコンサルティングサービスの売り上げの倍増を目指す
  3. ITシステムの保守メンテナンスに関するサービスの売り上げの倍増を目指す

 

 

©2024 株式会社Mcrowe

Log in with your credentials

Forgot your details?